2011年04月22日

アメリカ遠征〜4月15日トーナメント初日〜

201104171655000.jpg昨日、あれだけ遅かったのに朝8時に起床して朝食をモリモリ食べる元気な40代トリオ。
午前中はホテルのジムで汗を流す。
昼、チカラプロの社長がランチをご馳走してくれた。
試合開始が19時30分からなので16時に会場入り。
会場は旧ECWアリーナだった場所。懐かしい。会場に着くと控室が選手であふれかえっていた。それもそのはず、16チームのトリオがいるのだ。単純計算しても48人になる。次から次へと、いろんな選手が挨拶に来る。ほとんど、初めて会う選手の中にどっかで見た顔が…人なつっこい顔に小さな体。こないだDDTに来たジョナサン・グレシャムだ。彼もマスクマンとしてトーナメントに出るみたいだ。
トーナメント初日。
対戦相手はチームミネソタ。メンバーはアリック・キャノン&ダリン・コービン&1-2-3 キッド。
1-2-3 キッドはWWEではXパック、古くはユニバーサルにライトニング・キッドの名前で来日した事もある。
試合はうまく分断に成功し、チームの中で一番若いダリン・コービンをペディグリーからのダイビングセントーンで勝利。
試合後、大みちのくコールが起こった。
とにかくお客様さんが熱い。全8試合で4時間の興行だったのに、第一試合からメインまで熱狂していた。
あれだけ盛り上がってくれると試合する側も自然とテンションが上がる。
なんやかんやで会場出たのが深夜1時近かった。それからみんなデニーズで食事をして、ホテルに戻ったのが、深夜2時。
部屋に戻ると掃除がされてなかった。フロントに文句を言い、タオルをもらって部屋に戻る。しかし、いちいち疲れる国だ。洗濯してベッドに横になるとそのまま落ちてしまった。
spacer
posted by ディック東郷 at 12:55 | 日記