2010年02月18日

紅白プロレス新木場大会

今日は、バラモン兄弟対佐藤光留、ディック東郷の普通のタッグマッチだったはずが、バラモン兄弟の「おいっ、4人とも佐藤じゃねーか。だったら誰が一番強い佐藤か決めようじゃねーか!」という良くわからない提案で、急遽、一番強い佐藤を決める事になった。
そこへ、なぜか佐藤耕平も加わり5WAYで争う事に。
うん、更に意味がわからないが、強引にそのまま試合は始まった。
俺は途中で失格となり「一番強い佐藤」になる事は出来なかったが、あんな酷いベルトを腰に巻く事を考えたら、心底勝たなくて良かったと思った。だって、薄っぺらいビニールに、汚い字で「佐藤」と書かれた表札まがいの板が、セロテープで貼ってあるだけだから。 あの板、絶対かまぼこの板だよ。どう考えても嫌だろ。
紅白プロレスは気をつけないと、突然何をやらされるかわからないからな。
油断は禁物だ。
spacer
posted by ディック東郷 at 01:11 | 日記